サック 工事実例集

株式会社サック
E-mail:info@sai-c.jp
東京支社
東京都渋谷区代々木3丁目46-16
小野木ビル308号
TEL:(03)6276-3294
FAX:(03)6276-3295

熊本本社
熊本県熊本市南区城南町千町1728-1
TEL:(0964)27-9315
FAX:(0964)27-9316

札幌営業所
〒003-0808
札幌市白石区菊水八条二丁目3番18号
TEL:011-815-8825

仙台営業所
〒983-0035
仙台市宮城野区日の出町一丁目3番4号
TEL:022-236-0877

名古屋営業所
〒460-0007
名古屋市中区新栄一丁目32番33号
TEL:052-243-2344

大阪営業所
〒532-0021
大阪市淀川区田川北二丁目5番20号
TEL:06-4805-0008

広島営業所
〒730-0052
広島市中区千田町一丁目5番18号
TEL:082-245-8388

福岡営業所
〒810-0041
福岡市中央区大名一丁目8番10号
TEL:092-741-3955

株式会社サクシス
株式会社サクシス

よくあるご質問

価格・お見積もりについて

施工について

その他

落下防止対策防護ネット柵の改修工事案件について、企画設計や概算見積もりはできますか?
案件の写真や計画に必要な図面資料をお送りいただければ(E-mail : info@sai-c.jp)対応可能です。まずはこちらよりお問い合わせください。
▲このページの上へ
防護ネットは、内装制限の不燃材が必要ですか?
国土交通省の「建築物における天井脱落対策に係る技術基準の解説」の中で「既存吊り天井落下防止措置 設計例4」では、不燃材ネットは使用されていません。また不燃材もしくは準不燃材を義務付ける内容は指導されていません。
よって 以上の見識から不燃材にしなければならない必要はありません。
▲このページの上へ
足場設置、または天井裏での作業は可能ですか?
基本的には、足場設置工事は行っていません。天井裏の状況によって検討します。
▲このページの上へ
ダウンライト(照明器具)の電球交換は、自動交換式のため、直下にネット張り巡らせないが、照明器具付近だけ、ネットを切り取ることは可能ですか?
照明器具等の開口補正は可能です。
▲このページの上へ
2種類の天井が連続した場合(システム天井、化粧鋼板の準鉄骨造の天井)においても、ネット対策工法は可能ですか?
可能です。基本的に天井種類は問いません。
▲このページの上へ
防護ネット柵取付工事の工期はどのくらいですか。
施工面積によって違いますが、吊天井用の防護ネット柵(500m2程度)で約2週間かかります。
ただし、防護ネット柵工事用の仮設足場・養生等の工期は含みません。
実績:京都大学体育館天井防護ネット柵工事(450m2で2週間)
▲このページの上へ
ネットが天井落下の衝撃に耐え得る耐久性があるかの、計算はしてもらえますか?
弊社では国交省の示す設計例に基づいたオリジナルの強度計算書を提出することが可能です。
▲このページの上へ
ネットは何キロまで受け止めることができますか?
ネットの受け止められる最大値は天井からネットまでの距離、ワイヤー(支持位置)のスパンにより異なります。これらは強度計算書により数値化し、それを基に設計を行っていきます。
▲このページの上へ
落下防止緊急対策防護ネット柵は、確認申請は必要ですか?
緊急対策用の一時的な防護ネット柵ですので、確認申請は不要です。
▲このページの上へ
天井落下防止緊急対策防護ネット柵の工法は、大臣認定が必要ですか?
既存天井はすべてサイズ・施工内容・落下物等が違います、よって個々の構造計算や大臣認定取得は不可能に近いです。また、国交省の「落下防止措置」の定義で構造計算や大臣認定による永続的な保持を要求するものではありません。
但し、弊社では「防護ネット柵積載荷重強度計算要領書マニュアル」を提示できます。
▲このページの上へ
既存建築物の落下防止措置の法的義務はありますか?
現在、国土交通省は既存建物の所有者に外壁・天井の落下防止措置の「定期調査報告」を3年毎に有資格者による調査報告を義務付けしています。もし、報告をしなかったり、虚偽の報告をした場合は、罰金罰則が科せられます。
▲このページの上へ
特定天井とはどんな天井ですか?
脱落によって重大な危害を生じるおそれのある天井、以下のすべてに該当するものとして定義されています。
・6m超の高さにある天井
・水平投影面積200m2 超の天井
・単位面積質量2kg/m2超の吊り天井
・人が日常利用する場所に設置されている天井
▲このページの上へ
どのような定義で天井落下防止措置を図ればよいのでしょうか?
落下防止措置」とは、天井材の落下による衝撃が作用した場合においても脱落及び破断を生じないことが確かめられた部材(ネット、ワイヤー、ロープ等)の設置により、天井の落下を防止する措置であるが、地震時(屋外に設ける天井にあっては、強風時)に天井の一部又は全部が万が一脱落した際、ネット等が永続的に当該天井を保持し、脱落を防ぐことを性能として求めるものではなく、地震時などに利用者の避ができるよう、脱落した天井を一時的に保持する性能を要求するものである。
したがって、天井がネット等で保持されている状態で、さらに余震などが生じた場合において天井の一部又は全部が脱落することを担保するものではない

国交省「建築における天井脱落対策に係わる技術基準の解説」引用
▲このページの上へ
工事後のメンテナンスはどうしたら良いでしょうか?
弊社では10年に一度を交換の目安とし、5年毎にクランプ、アイナット等の締め付けを目視レベルで確認することを推奨しております。
ネットは何年もちますか?
弊社で使用期間の保証はしておりませんが、ネットメーカー(株式会社泰東)からは屋外(雨風、紫外線等の環境下)で10年以上の使用実績があるため、室内で10年以上はもつであろうとの見解は頂いております。

 

© 2010-2021 サック